菜の花クリニック歯科のご案内

当歯科室の特長は、お口からの食事が取りにくくなった方、つまり摂食機能の低下をきたしか方の、リハビリを主として行う歯科です。
菜の花クリニックでは、内科及び歯科を中心にスタッフでチームを結成し、摂食・嚥下リハビリテーションに取り組んでおります。

菜の花クリニック院長 宮元 周作
歯科医師 井上 統温

食べる楽しみを維持するために

enge

摂食・嚥下とは、「食べ物を口の中に入れる、口の中で食べ物を飲み込みやすい形にする、口からのどへ運ぶ、のどから食道へ送る、食道から胃へ送る一連の流れのこと」を言います。この流れをスムーズに行えず、食べこぼしたり、食事に時間がかかったり、むせてしまったりすることを摂食・嚥下障害といいます。

口から食べることは生命活動を維持するのみでなく、人に生きる意欲を与えます。高齢や疾患などにより飲み込むことが困難になると、食事が楽しめなくなり、より重度になると栄養不足や誤嚥性肺炎など生命にも関わる疾患を引き起こす場合があります。

菜の花クリニックや老健各施設では、そのような摂食・嚥下障害を抱える方にできるだけ早期に対応するため、機能評価を行い、安全な食べ方や調理方法の工夫、その人に合った食事作り、口やのどのリハビリテーションを紹介し、口から食べる喜びを支援します。

「摂食嚥下機能評価と支援」