長瀬 敬
(ながせ たかし)
出身大学 東京大学
専門 もとは形成外科でしたが、老年看護学の大学教員を経て、今は高齢者医療・ケア全般を担当しております。
得意分野 褥瘡の管理、認知症の心理学的・芸術療法的な非薬物療法にも少しずつ取り組み始めています。
資格 医学博士、認知症サポート医
経歴 1990年 東京大学形成外科
1993年 東京警察病院形成外科
1996年 ニュージーランド ミドルモア病院形成外科留学
2002年 東京大学大学院修了 医学博士
2002年 東京大学形成外科 助手
2006年 国立病院機構村山医療センター 臨床研究センター部長
2008年 東京大学老年看護学 特任講師
2013年 介護老人保健施設国立あおやぎ苑縄文棟 施設長代行
2017年 介護老人保健施設ユニット菜の花 施設長
趣味 クラシック音楽鑑賞、ピアノ演奏 モダンアート鑑賞 水彩画もちょびっと 読書など
ご挨拶 2017年7月よりユニット菜の花施設長を拝命いたしました。医師としてはご利用者の方々のプライマリーな健康管理に携わりながら、非薬物的な認知症ケアを自分のミッションとして模索したいと考えております。また地域包括ケアの一翼を担うべく、周辺の医療機関や自治体、各種団体の方々のご協力を頂きつつ、地域のニーズに機動的に応じて参りたいと思います。何卒よろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。施設では多職種連携による包括的・統合的かつアットホームなケアの提供を心掛け、ご利用者の皆様が楽しくゆったり過ごせるよう努めたく存じます。ユニット菜の花にようこそ!